Case study実績

認識の齟齬を防ぐために
肉の部位などの画像を共有するなどのフローを確立。

実績肉加工AIモデル用 食肉画像のアノテーション

ブライセンのアプローチ
  • 骨、肉などの部位を区別するアノテーション。
  • 産業機械メーカー様よりご依頼。仕様はご提供。
  • ベトナムにて対応。
お客様に対する貢献
  • 食肉画像に対して骨、肉などの部位を目視確認してセマンティックセグメンテーション。
  • 仕様を元に正確なアノテーションをするための詳細ルールを策定。
  • 事前に部位別画像や全体イメージ画像を提供し、認識齟齬の発生を防止。
担当領域:
アノテーションルール策定
この案件の特徴:
  • 顧客:産業機械メーカー様
  • 対応種別:セマンティックセグメンテーション
  • 数量:約10,000枚
     - 付与データ種別(クラス):5種類
  • 期間:1か月
  • 拠点:ベトナム
  • 画像は参考となります
    この事例に関するお問い合わせはこちら

    お問い合わせはこちら

    オフショア開発・BPOに関するご相談 / セミナー・展示会のお申し込み / 現地視察ツアーのお申し込み など
    まずは、お気軽にお問い合わせください

    お電話からのお問い合わせは

    ウェブからのお問い合わせは

    Contact